【家庭教師 算・数・理】質問レベルを高めることが成績向上や合格のカギ!【生徒募集 1名 22/07/20 】

合同会社サイエンスシーズ代表 三木 英司です。今まで中学受験・高校受験の勉強をしている子どもたちの家庭教師をやっていく上で、大切にしていること、指導指針を共有いたします。以下、ご理解いただいた上で指導をお求めの方はお問い合わせいただき、まずはご面談させていただければ幸いでございます。

指導内容:質問対応、以上

当たり前ですが、「質問対応」に必要なものは質問です。
指導をしていく中で「質問の出し方」「質問のレベル」を上げていきます。

具体的には間違えた問題の「解説のどこの部分がわからないか」 「解説は理解できたけど、より効率のよいやり方はないか」など、ある程度、自分で分析・考察した上で質問をするように促します。

その上で、次に出たらできるように「分析」 「攻略」について共に考え、時に「類題」を作成し理解度を確認します。どんな問題もその場で対応することができます。解説がない問題を除き、「わからない」だけの質問をされても対応できません。解説の自己分析に戻ってもらいます

受験生だけでなく全ての学ぶ人にとって「質問のレベル」を上げ、教える側が「その質問に的確に対応」することが、次出たらできるようになる最も効率的で確実な手法だと考えます。

「質問のレベル」が上がっていくと、自分で解決できる問題が増えていき、質問がどんどん減っていき、質問する問題の難易度もどんどん上がっていきます。合格はもちろん、成績が上がっていくのは当然の結果です。これができるようになれば受験後の人生も心配ありません。もちろん、それを見越して指導しています。

「保護者の支援が必要なもの」

上記、指導をすすめる上で「保護者の支援が必要なもの」を共有いたします。

・解説が付いている問題集
塾の参考書、市販の参考書など。
解説がないと質問の質は上がりません。

・誤答した問題
ー解説のわからない箇所
付箋をつけ質問の存在自体を忘れないようにする。
ー書き込まれてない複製(コピー機が必要)
元のテキストにはなるべく書き込まない。解き直し用、頻繁に使用。

⬆︎クリックで詳しく⬆︎

・管理(質問、解き直し、プリント、スケジュール)

ちなみに「必要ないもの」として”無論理な暗記の教養”や”不正が起きやすい環境”など努力を無に帰すような状況が判明しましたら、不躾ながら、各ご家庭それぞれに指摘させていただきます。

生徒募集要件

【指導科目】中学入試(算数・理科)、高校入試(数学・理科)、算数オリンピック
【指導内容】質問指導、質問対応、誤答分析、解答攻略、類題作成
【対象】小学生・中学生
【募集人数】(1名 22/7/20 6:00 更新)*決定次第、締め切ります。
【料金】要相談(対面指導)
【地域】日本

【指導開始までの流れ】
①問い合わせ、保護者面談
③(生徒)質問の準備(過去誤答より抜粋)
④訪問指導(1〜2時間)、結果通知
⑤契約、指導開始

講師紹介

サイエンスシーズ代表
三木 英司 Eiji Miki

大手進学塾で、首都圏全域の[御三家中専門コース][サイエンス教育][ロボット教育][低学年ジュニア教育]などのプログラム開発や運営に従事。算数、理科の最難関中学受験の講師として、開成をはじめとした御三家中合格者100名以上に指導。未来を生きる子供たちに「失敗を恐れず、自ら調べ、自ら考え、行動しつづける。 それを楽しめる。そんな大人になってほしい。」という思いから合同会社サイエンスシーズを設立。

関連ブログ