弊社サイエンスシーズが開発している”考える”理科実験は、科学館、学童、学習塾など教育事業施設を対象に予測不能な社会を生きる宿命を背負った子供達に必要な教育としての「失敗から始まる試行錯誤の楽しさ」を伝えることをテーマとしたロボット講座を実施しています。どこでやっても大人気な”教育ブロックIQ KEY”ロボット講座を案内文とともに、いくつか紹介いたします。

発進!モノレール!~vs重さの中心~

1本の棒のうえを落ちずに渡りきるモノレールロボットを組み立てます!直感的に組み立てられる「IQ KEY」を使い、棒から落ちずに走れるロボットづくりに挑戦します。何度もチャレンジし、どのようにしたらうまくいくのか何回でも試行錯誤しましょう。

スピードアップ!レーシングカー!~vsまさつ力~

設計図通りに組み立てた車は速い?おそい?
レーシングカーのタイヤやギアを改造し、スピードアップさせましょう!
組み立てが簡単な IQ KEYを教材として使います。失敗を恐れず、たくさんチャレンジしましょう!

「IQ KEYで自由研究ー長く回るコマってどんなコマ?ー」

IQ KEYのモーターカプセルを使って、色々なコマの大きさ・重さと、まわる時間の関係を調査・考察します。その考察を元に試行錯誤を繰り返し、より長くまわるオリジナルコマを目指します。

その他、カリキュラム

・ギアチェンジ!パワフルカー!~vs加重~
・人間を超えろ!だるま落としマシン~vs慣性~

など豊富なテーマ、ミッションをご用意しています。

“教育ブロックIQ KEY”ロボット講座とは

特長① 単発で”ロボット講座”ができる!

ロボット講座をしたくても、このような業界のほとんどが高額な教材費、フランチャイズ費用などかかってしまいます。単発で実施できるなんて信じられないかもしれません。安価なレンタル費用にて実施可能です。
実施してみて、お気に召しましたら、同じ教材を使った科学教室パズロボ(FC)もご検討ください。

特長② 出来ないことを出来るようにすることは当たり前

受験指導を通して、直面する最も大きな壁、それは間違い直しの指導ではないでしょうか。高学年になればなるほどその指導は大変になります。たくさんの子どもたちに向き合ってきて、子どもたちから学んだこと。子どもたちに必要なのは「考える楽しさ」。それを知っている子は勉強でもスポーツでもなんでも「あきらめないで試行錯誤」します。出来ないことを出来るようにすることが当たり前なのです。

予測不能なこの世界を生き抜いていかなければいけないというミッションを背負っているなんて、まだ知るよしもない子供たち。私たち大人は、子供たちに何を教えればいいのでしょう。”教育ブロックIQ KEY”ロボット講座のミッションを通して「失敗から始まる試行錯誤の楽しさ」に向き合い、気づいてもらう、そんなロボット講座を目指しています。

特長③ ”学び”に対する向き合い方を伝えるツール

弊社サイエンスシーズが開発している”教育ブロックIQ KEY”ロボット講座は、「失敗から始まる試行錯誤の楽しさ」を伝えることをテーマとしています。もし、この考え方と貴施設の方針が矛盾していないならば、”教育ブロックIQ KEY”ロボット講座を開催することで、お客様に”学び”に対する向き合い方を、言葉だけではなく実践で強く深く伝えることができます。

特長④ 特別な施設は必要ない。準備もほとんど必要ない。

「”教育ブロックIQ KEY”ロボット講座」には特別な施設は必要ありません。室内で、机と椅子とディスプレイさえあればどこでもできます。道具は全てコチラで完璧に準備いたします。目的はあくまで「失敗から始まる試行錯誤を楽しむ」ことなので、それに関わらないことは、子どもたちには一切やらせません。子どもたちの考える時間を最大化するための最重要項目です。

自施設を利用している、または地域の子どもたちに「”教育ブロックIQ KEY”ロボット講座」を提供したい方、ご連絡をお待ちしています。
料金表はコチラ

未来を生きる子どもたちに本物の試行錯誤を科学教室パズロボの問い合わせボタン